So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

アイデアのちから [ビジネス書]

序章の、叩き手と、聞き手を例とした「知の呪縛」の説明が
一番、衝撃的で、印象に残った。
経営者の思いが、従業員に伝わらないのはこういうことなのね。納得。
といった感じでした。
しょっぱなに、私にとってインパクトのでかいものが来てしまったものだから、
それ以降は印象薄な感じではあるけれど、
それなりに折れ目は着いている。
得るものはありました。

けど、なんか読みにくかったです。
一言で言うと回りくどい。
確信にたどり着くためにぐるぐるとらせん状に歩く感じ。
わざとなんだと思うんだけど。

最後に、勝間さんの簡単な解説があるのですが、
ここは読みやすくて、わかりやすかったです。

再読したいなぁとは思います。

文庫ソムリエ [その他]

かわいいぞ。

自分の小さな「箱」から脱出する方法 [ビジネス書]

読んでみたけれど、
特に印象に残るところもなく・・・。

この手の本を読むときは、
気になる箇所とか、共感した箇所に折り目をつけながら読むのですが、
読み終わって見てみると、
一箇所も折り目がない。
# 一箇所もつかないのは滅多にない。

なんか抽象的な感じで、
しっくりきませんでした。

言いたい事が汲み取れませんでした。

Amazonでの評価は高いようなのですが、
私には合わなかった模様。

1年後とかに読み直すと、また違う感想になるのかも・・・。

3月のライオン(1巻、2巻) [コミック]

年末年始に帰郷して、暇だったので、本屋へ。
そこで、見かけて
「あっ、ハチミツとクローバーの人のだ。」と思って購入。

面白かったです。
それらしい感想はうまく書けないけれど。

あと、かわいかった。
モモちゃんの目はキラキラしてるし。
けど、小さい子ってあんな感じですよね。
びたーんってこけるとことか。
アイス落として泣くとか。

ハチミツとクローバーはアニメで知りました。
けど数話見ただけ。
面白かったし、好きなんだけどうまく録画ができてなくて。

これを機会に、とりあえず、コミックを買ってみようかと思ってます。

ダブルアーツ [コミック]

先週から連載が始まったわけですが、
とても面白いです。
この雰囲気を壊さずに、ただの格闘マンガになるようなことのないように
ながーく続いてくれるといいなと思っております。
画もスキ。

前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。